コーヒーの基本

コーヒーの酸味が苦手な人は酸味が苦手なのではない!?

【今がおすすめ!ドルチェグストが無料】
Pocket

こんばんは。りんぽすです。

コーヒーの酸味が苦手だという人って結構いますよね。しかし、本当に「コーヒーの酸味」が苦手なんでしょうか…?

コーヒーの酸味

コーヒーの酸味とは

コーヒーは様々な風味があり、なかなか表現するのが難しい風味を持っています。その中で分かりやすく使えるために使うのが酸味や苦みなどです。

コーヒーの酸味とは、コーヒー本来が持つフルーティな味わいのことです。「酸っぱい!」といったものではないです。

よくされている勘違い

コーヒーの酸味が嫌い・苦手という人に多いのですが、コーヒーの酸味と生鮮食品(肉など)を放置しておいたものの酸味が同じものであると勘違いしている人が結構います。コーヒーの酸味とは先述の通りコーヒーそのものが持つ酸味のことであり、酸化した(傷んだ)ものの酸味ではないです。

あの嫌な酸味ではなく、フルーツのような酸味だと思ってもらえれば伝わりやすいのではないかと思います。

酸味を出すには?

コーヒーそのものも酸味を持っていますが、焙煎の際に浅煎りにすることでより酸味が際立ちます。コーヒーの酸味が特徴的なもので浅煎り、中浅煎りのものが多いのはこのためです。所謂アメリカンコーヒーです!




また、ドリップするときもゆっくりとするのではなく早くお湯を注いで抽出することでよりコーヒーの酸味を味わうことが出来ます。

酸味の強いコーヒーは?

モカ・キリマンジャロを代表するアフリカ系のコーヒーが酸味が強いです。また、ハワイのコナコーヒーも酸味が強いです。これらのフルーティな酸味は好みが分かれますが、私は大好きです。

ただ、カフェオレなどにアレンジするのにはあまり向いていないのでそのまま(ブラック)飲むのがおすすめです!

↓浅煎りのおすすめコーヒーはコチラ

まとめ

コーヒーの酸味についてはあまり良く分かっていない人は嫌うことが多いですが、新鮮なコーヒーを飲んでみると価値観が変わるかと思います。




私のおすすめする加藤珈琲店さんはいつも新鮮でおいしいコーヒーを届けてくれるので、興味があれば一度注文してみるといいかと思います。

最初はこのゴールデンブレンドが癖がなくおすすめです(=゚ω゚)ノ

↓詳しくはコチラをチェック