コーヒーの基本

ベトナムのコーヒーっておすすめ?甘いの?

Amazonの最大規模セール、サイバーマンデーが12/6(金)の午前0時から!iPadやアレクサなどが超お手頃価格に!
セール会場はこちら▼
Pocket

こんばんは!アジアってコーヒー飲む人多い割にはあまり作ってるイメージがなくないですか?私は前までコーヒーの産地といえばブラジルやエチオピアばかりだと思っていました(笑)

しかし、このブログを立ち上げて色々なことを調べるようになり、大好きなコーヒーのことをより知ることが出来ました。これも、読んでくださっている皆さんのおかげです( *´艸`)

さて、閑話休題。実はアジアの中でもベトナムはコーヒーを多く作っており、ブラジルに次いで世界で二位のコーヒー豆産出国なんです!

さて、そんな世界的なコーヒー産出国のベトナムのコーヒーについてまとめました。

ベトナム

先述の通りベトナムは世界でも屈指のコーヒーの生産量を誇りますが、正直あまりメジャーな感じがしませんよね?その原因は風味にあるのではないかと思います。

味は?

世界で出回っているコーヒーの70%は風味の良いアラビカ種ですが、ベトナムでは主に風味の劣るロブスタ種を作っています。そのため飲む人を選ぶことにより、マイナーのままなのではないかと思います。

ロブスタ種は苦みがあるため、ミルクを入れて飲むのが主流だそうです。ミルクとはいってもコンデンスミルク(練乳)です。

淹れ方は?

ベトナムコーヒーの淹れ方は、コンデンスミルクをグラスに入れておき、そこにコーヒーをドリップして混ぜます。

一般に日本で飲むものと違って砂糖でなく練乳を使っているため、甘さが強いです。コーヒーを飲むというよりも、デザート・スイーツを飲んでいるような感じです。甘党向けの飲み物ですね♪

どんな種類がある?

一口にベトナムコーヒーといっても、いくつか種類があります。単純にコンデンスミルクを加えたものや焙煎の時点でバターやバニラを加えて甘くするものなどです。前者ももちろん甘いのですが、後者は甘さを極めた感じです。

どこで飲める?

ベトナムです。

 

それはそれとして、日本でも東京や大阪を中心とした都市圏でベトナムコーヒーを飲む事が出来るお店があります。私は地方に住んでいるためなかなか目にすることはありませんが、都会の方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

ベトナムコーヒー、いかがでしょうか?私たちが普段飲むコーヒーとは一風変わったテイストは病みつきになる人もいるらしいです。

日本ではあまり普及していないので飲む機会はあまり多くはないと思いますが、機会があればぜひ飲んでみて下さい<m(__)m>