コーヒーの基本

コンビニコーヒーとドルチェグストはどっちが美味しい?コスパが高いのは?

Pocket

コンビニコーヒーとドルチェグストはどっちが美味しい?コスパが高いのは?

コンビニでかなり美味しいコーヒーが買えるのは周知の事実ですが、カプセル式のコーヒーであるドルチェグストとどちらが美味しいのでしょうか。私が友人と話していると

友人

俺もよくコーヒー飲むよ。コンビニのだけど

と言われて確かにコンビニコーヒー美味しいよな。せっかくだし有名なコーヒーメーカーであるドルチェグストと比べてみようということで今回比べました。

結論としてはコンビニコーヒーの方が明らかに美味しく、コンビニコーヒーを10とするとドルチェグストは7くらいの印象です。以降その理由について説明します。

コンビニコーヒーの方がドルチェグストよりも美味しい理由

コンビニコーヒーがドルチェグストよりも美味しい理由は
・挽きたてを飲めるから
・良い豆を使っているから
の2つがあります。

挽きたてを飲めるから

コンビニのコーヒーメーカーは豆を自動で挽き、私達に提供してくれます。この「飲む直前に豆を挽く」という行程がポイントで、コーヒーは焼きたて・挽きたて・淹れたての条件が美味しいのですがそれらを満たしています。

一方、ドルチェグストはカプセル式になっていて鮮度はある程度守られているものの、挽いてから時間が経っているために挽きたてコーヒーの風味には敵いません。

良い豆を使っているから

別段ドルチェグストが粗悪なコーヒー豆を使っているというわけではありません。豆の品質は原価率が絡んでくるということです。

例えばセブンイレブンのコーヒーの場合、その原価は4割から5割程度と言われています。スタバなどの喫茶店のコーヒーが3割弱であることを考えるとかなり高い原価率です。

ドルチェグストはカプセル式のコーヒーですが、原価は相当低いと考えられます(原価非公開)。売っているものは違いますがインクカートリッジのような商売なので、本体を安く売って消耗品で稼ぐという考えだと考えられます。

そのため、メーカー側が豆に掛けているコストは大きな差があります。そりゃコンビニコーヒーの方が美味しいわけですよね。

ドルチェグストの良いところ

あなた

え、じゃあドルチェグスト使わずにコンビニコーヒー飲み続ければよくない?

りん

それも良いんだけど、ドルチェグストはドルチェグストで良いところがあるんだよ

ドルチェグストがコンビニコーヒーよりも優れているところは
・家ですぐに飲める
・色々な味を楽しめる
・価格が安い
の3つです。

家ですぐに飲める

これがコンビニコーヒーよりも良いところとして最も大きいです。コーヒーを飲むのにわざわざ外まで行って買いますか?ドルチェグストは家に居ながら美味しいコーヒーを楽しめます。

味に関しては確かにコンビニコーヒーの方が美味しいのは間違いありませんが、家でサッと飲めるのはドルチェグストならではです。もちろん自分でドリップするよりも早いです。

色々な味を楽しめる

ドルチェグストはカプセル版ドリンクバーみたいな感じのコーヒーメーカーで、カプセルによって色々なコーヒーを抽出できます。基本的にはコーヒーですが、お茶やココア系のカプセルもあります。

コンビニコーヒーのラインナップははブラック、カフェラテくらいのもので、店によって多少数が多いくらいです。(ローソンはかなり多いイメージ)

ただ、ドルチェグストは全部で40種類近くのカプセルがあります。一つの味に飽きたら別のカプセルも試せるというのは大きいです。

価格が安い

コンビニコーヒーは安くとも100円以上しますが、ドルチェグストは1杯60円~となっています。ちなみにラテ系のカプセルを2つ使うものは120円~です。

1杯当たり40円くらいの価格差なので結構大きいですよね。普段コンビニコーヒーとドルチェグストの味は結構違いますが、そこまで気にならないのであればドルチェグストの方が経済的です。

まとめ

コンビニコーヒーとドルチェグスト、それぞれ良し悪しありますが美味しいのはコンビニコーヒーです。ところが風味がやや劣るもののコンビニコーヒーよりも約40円安いドルチェグストの方がコスパは高いです。

私もドルチェグストを使っていますが、美味しいコーヒーを飲みたいときは1杯分80円くらいする豆を買って挽くかコンビニコーヒーを飲んでいます。コーヒーを買うためにわざわざコンビニまでは行きませんが、ついで買いですね。

ドルチェグストも割と美味しいのでおすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です