コーヒーの基本

コーヒーの保存はどうする?冷蔵?冷凍?

【今がおすすめ!ドルチェグストが無料】
Pocket

こんばんは。りんぽすです。

コーヒーも生鮮食品ですから、保存には気を付けなければいけません。放っておくと酸化して嫌な味がしてしまいます。なので、保存には気を付けましょう!

※今回説明するのが「豆」の状態で「粉」ではありません。粉の場合は豆よりも保存期間が短くなる(表面積が大きくなるから)ので注意してください。

コーヒーの保存は?

常温(室温)

まず、室温での保存について考えます。冬や秋などの涼しい季節は室温でも大丈夫ですが、夏場は冷暗所に置いておくと無難です。

また、期間ですが1週間くらいなら室温保管でもいいですが、飲み切るのに時間がかかりそうなら冷蔵・冷凍保存の方をおすすめします。

冷蔵庫

保存方法で私が最も無難だと思っているのが冷蔵保存です。1ヵ月くらいで飲み切ることが出来るなら冷蔵保存をするといいかと思います!

ただ、注意点としては近くに臭いの強いものを置くと移る可能性があるということです。また、冷蔵したものを常温に戻すと豆が結露してひとりでに抽出が始まってしまうので賞味期限が早まってしまいます。

なので、冷蔵庫から出したらすぐに挽いてコーヒーを淹れるのがおすすめです。

冷凍庫

長期保存が効くのが冷凍保存です。1ヵ月以上持つので大量買いをしたときに安心できます。豆は少量買いするとおいしく飲めますが、大量に購入するといくらか安くなります。私がよく利用する加藤珈琲店さんは多く買うと安くなるのでお勧めです!

↓おすすめのコーヒー店

具体的な保存方法として、袋(密封できるものが好ましい)をいくつか用意して小分けで収納します。先程の冷蔵保存と同様、常温にすると結露し抽出が始まるためです。

まとめ

コーヒーの保存ってどれも一長一短で難しいですよね。

Aさん

結局どれがいいの??

りん

期間で考えると分かりやすいよ!

りん

すぐ飲み切る→常温
そこそこ時間がかかる→冷蔵
かなり時間がかかる→冷凍

 

これを押さえておけば安心できると思います。ちなみに、冷蔵保存の際はキャニスター缶に豆を入れると長持ちするのでおすすめです。キャニスター缶は私はカルディで購入しました。シンプルなデザインがかっこいいです( *´艸`)

↓おすすめのキャニスター