ドルチェグスト

【全部わかる】ドルチェグスト定期便のデメリットは何がある?

Pocket

ドルチェグスト定期便のデメリットは何がある?

私はドルチェグストの定期便を愛用しているのですが、これがかなり便利です。しかし、2年ほど定期便を利用してここは残念だなと感じるデメリットがありました。そこで今回はドルチェグストの定期便のデメリットについて紹介します。

ドルチェグスト定期便のデメリット

ドルチェグスト定期便のデメリットは
・あなたが好きになるかどうか分からない
・1回で6箱以上の受け取りが必要
・ペースが3ヶ月に1回
・最低3回の受け取りが必要
・マシンの返却が必要
・ドルチェグスト自体のデメリットがある
の6つがあります。

あなたに合うかどうか分からない

ドルチェグストの定期便を使う際、ドルチェグスト自体初めて使うという人が多いです。私自身最初に使ったのはマシン無料レンタル定期便でしたが、契約する前はかなり怖かったです。

それまでコーヒーは自分で淹れていましたが、果たしてカプセル式のコーヒーが自分に合うのか分からず、不安がありました。結果として面倒くさがりな私には手軽に使えるということで契約して良かったですが、これがあなたにも当てはまるとは限りません。

ドルチェグストが合うかどうかに関しては実際に使ってみなければ分からないところではありますが、ドルチェグストを使ってきた感想(レビュー)をまとめたので参考にしてください。

1回で6箱以上の受け取りが必要

あなたがもし2人以上で暮らしているのであれば問題ありませんが、1人暮らしもしくは1人でしか使わないということであれば、カプセルを使い切れない場合があります。

カプセルの種類によって異なりますが、1箱にカプセルは最大16杯分、最低6杯分入っています。6杯分×6箱であれば36杯分ですが、16杯分×6箱だと96杯分にもなります。3ヶ月に1回のペースなので毎日1杯飲めば問題ありませんが、たまに飲む程度であればおすすめできません。溜まります。

配達ペースが3ヶ月に1回のみ

ドルチェグストの定期便は配達のペースを選ぶことができません。これはかなり不便で、自分にあったペースを指定したくてもできない欠陥仕様と言っても差し支えありません。

ただ日付指定をすることができ、最長1ヶ月先まで配送を先延ばしにすることができます。これで配達のペースを実質4ヶ月に設定できるので便利です。私は現在実家に住んでいますが私しか使わないので、配達のペース調整は頻繁に行っています。

3回の受け取りが必要

ドルチェグストの定期便は最低でも3回の受け取りが必要です。サプリメントの定期便でよくある「毎月1回の定期便を1年間」というような縛りではないのでゆるいといえばゆるいですが、流石に6箱3回はちょっと抵抗がありますよね。

私も最初は軽く引きましたが、まぁ3回くらいは使ってもいいかなと思って使い始めました。実際問題、半年くらい使い続けることでドルチェグストの良いところ悪いところ色々分かったので特に大きな問題ではないのかな~とは思いました。

マシンの返却が必要

マシン無料レンタル定期便を利用すると、最後にマシンを返却しなければなりません。正直私はこれをあまり大きなデメリットではないと考えていて、返却料が1回(1,000円ちょい?)くらいかかるだけで最新のマシンを使えるので便利なのかなと考えていています。

定期便を解約したらどのみち使わないのであれば、レンタルで十分だと思います。もし定期便以外にも自分で使いたいということであれば量販店や通販などで販売しているため、自分で用意しましょう。

ドルチェグスト自体のデメリットがある

そもそも論ではありますが、ドルチェグスト自体にもデメリットとなる部分があります。1杯あたりの値段が高かったり消費電力が多かったりと、いくつか気になる部分があるのでそちらもチェックした上で利用するのがおすすめです。

詳しくはこちらの記事に書いているため、参考にどうぞ。

ドルチェグストは買ったほうが得?

ここまで見るとドルチェグストの定期便は使い勝手が悪いという印象がありますが、実際マシンの購入よりはレンタルの方がおすすめです。ここでは実際に利用料金の比較をします。

6箱の値段 本体代金(返却代も) 合計 年間料金
購入 5,880 14,800 20,680 38,320
レンタル 5,580 1,500 7,080 23,820
購入とレンタルの差 300 13,300 13,600 14,500

(単位:円)

比較すると分かりやすいですが、基本的にレンタルの方が得です。定期便にするとカプセルの料金が5%オフになるのでランニングコストも下がり、本体料金もかからないのでこれだけ差が開きました。

返却料金は発送方法によって異なりますが一応1,500円で計算し、年間料金に関しては6箱×4回分+本体料金としました。マシンレンタルだと購入の約6割の値段で済むと考えると、本体を買うのはコスパが悪い気はします。

それでも私が定期便を使う理由

ここまでドルチェグスト定期便のデメリットを多く紹介しましたが、それでも私がこの定期便を続けている理由は
・すべての商品がある
・日付変更ができる
の2つです。

すべての商品がある

まず、一番大きな理由としてすべての商品があるということです。コンビニやスーパー、量販店などでもドルチェグストのカプセルは置いていますが、欲しいものがないということが何度もありました。

特に近頃ネスレが力を入れているスタバとコラボしたカプセルや私の好きなエスプレッソインテンソなど、ものによってはどのお店でも見かけないということが多々あります。しかし、定期便は公式のサービスなので全ての商品を購入できます。

もちろん定期便は毎回送られるカプセルを自分で選ぶことができます。そのため、毎回同じものを飲まないといけないというわけではありません。

店をいくつも回らないといけないのはかなり面倒なので、定期便は是非おすすめしたいです。

日付変更ができる

先述の通り、私は1人でドルチェグストを利用しているので消費量はそこまで多くありません。しかも私はコーヒーが大好きで、気に入った店のコーヒー豆も良く買うのでドルチェグストばかり飲んでいるということはないためどんどん溜まります。

しかし、ドルチェグストの定期便は到着の日付をマイページから簡単に変更できるので便利です。最大1ヶ月程度到着を延ばすことができるため、部屋がカプセルまみれになることがありません。

好きなコーヒーを飲むのが「ノルマ」になるのって嫌じゃないですか。なので日付変更ができるのはありがたいです。

まとめ

ドルチェグストの定期便には上記のデメリットがあります。しかし、私がそれを承知で定期便を利用しているのは定期便の中でも割と緩めだと考えているのとやはり便利だからです。

ただし、どうしても受け入れられない人は居るサービスだとは思うので、自分に合いそうかどうかよく考えて利用しましょう。

定期便の詳細はこちら▼

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です