コーヒーの基本

モカコーヒーって知ってる?ただ酸っぱいだけじゃない!

【今がおすすめ!ドルチェグストが無料】
Pocket

こんばんは!最近は大学の試験期間ということもあってなかなかに忙しい日々を送っています(笑)

さて、コーヒーが好きなあなたであれば「モカコーヒー」を知っているのではないかと思います。モカコーヒーにはどんなイメージを持っていますか…?酸味が強い?正解ですが、まだ魅力はいっぱいあるんです!

モカコーヒー

モカコーヒーとは?

モカコーヒーはエチオピア・イエメンで生産されるコーヒーの銘柄です。世界的にメジャーなブランドであり、我々が目にする機会が多いと思います。喫茶店やコーヒーの専門店へ行けばどこにでも置いているのではないでしょうか?

ちなみに、「モカ」という名前はイエメンの「モカ港」という港の名前からとっています。

産地は?

主要な産地は先述の通りエチオピア・イエメンですが、実はハワイでも作られているそうです。私はハワイと言えば「コナコーヒー」のイメージしかなかったので、ハワイでもモカコーヒーを作っていると知ったときは意外でした。

風味は?

一般的に酸味が強いと言われています。しかし、酸味が強いだけではなくフルーティなテイストです。エチオピアの南の方にアフリカのもう一つのコーヒー産地であるタンザニアのキリマンジャロがありますが、そこのコーヒーよりも酸味を抑えた感じです。

後味・余韻もフルーティな酸味を楽しむことが出来ます!

値段は?

実は、モカコーヒーは生産量が多いためあまり値段が上がりません。グレード・店によってピンキリなんですが、スペシャルティコーヒーの場合、100gあたり5.600円くらいで購入することが出来ます。

おすすめの飲み方は?

ドリップしてそのまま飲む事をおすすめします。前回の記事で説明したタンザニアコーヒー同様、アレンジ(カフェオレ・カプチーノ等)にはあまり向きません。それはそれで好きな人もいるみたいですけどね…。

クリームのケーキやチョコレートブラウニーなど、甘いお菓子と一緒に召し上がるといいのではないかと思います。

おすすめの挽き方は?

コーヒーを美味しく飲むには、飲む直前に挽くのが必須となっています。もしミルを持っていないならば、購入されるのがお勧めです。1日に2,3杯くらいしか飲まない方には手挽きのミルがおすすめです。

挽く細かさは、中挽きにすると良いです。細かすぎると詰まりますしね…。粗すぎると成分が十分に抽出されず、薄いものができてしまいます(;’∀’)

まとめ

いかがでしたか?酸味が強いだけでなくフルーティな風味をもつモカの魅力が伝われば幸いです( *´艸`)